親育(教養)トピック

あなたはどっちに入る?今後10年で奪われる仕事・残る仕事 10年後の仕事図鑑

なくなる仕事残る仕事

AIを含むテクノロジーの変化で、近い将来自分の仕事が奪われるのではないか。

そう不安な方も多いと思います。

そんな方には、この本がおすすめです。

この記事では、この本で考察されている、「なくなるor減る仕事」「残る仕事」を抜粋して書いていきたいと思います。

先に書いておくと、思っていたよりも、範囲が広く少しショッキングな内容かもしれません。

私の職業も代替されていくのかも・・・そう思う方がほとんどなのではないでしょうか。(私もです・・・)

 

でも、知っておくことで”残る”側に近づける可能性は高くなります。
(そもそも仕事をする側に”残りたい”前提ですが。そうでない道も本書では示されています)

 

ちなみにこの本が発行されたのが2018年の4月。ちょうど2年前ですね。

もう1/5この世界に近づいているということです。

著者2人の働くことへの意識

具体的な仕事の羅列に移る前に。
堀江さんと落合さんのはたらくということへの意識が面白いので紹介します。

堀江さん

「働かなくていい。好きなことをしろ。」

一貫していますよね。

落合さん

「自分の持っている価値をどう活用し運用していくかが大切」

幅広い活動を限界までやっているように見える落合さんが言うと説得力が違います。

 

2人の表現方法の違いが面白いですね。

今後はなくなる or 減る職業

本書で書かれている、なくなる、もしくは減っているであろう職業の抜粋です。

管理職

組織を管理だけならAIで十分可能です。AIにできない”ビジョンを語る”ができる経営者とAIがあれば会社は回る。

事務職

単純作業の事務職は、AIの方が安価にできるようになればすぐに置き換えられてしまう。

営業職

売るための嘘をつかないAIの方が好まれる。この人なら買ってもいいと思う人(フォロワー)のいる営業職だけが生き残れる。

エンジニア

意外にもエンジニアはこれからコモディティ化していくと考えられている。トップオブトップだけが生き残れる世界がくる。

弁護士・裁判官・検察官

過去のデータに基づく判断が多いので、判例を記憶するのが得意なAIの方が向いている。

会計士・税理士・社労士

法律をベースに判断するのはAIが得意。

教員

AIのほうが個々に最適化されたカリキュラムを作れる。また、テストの採点などもコンピュータができるようになる。

研究者

研究するAIか賃金が高い研究者ならばどちらを選ぶかという時代になってくる。

公務員

スマホ申請等の普及で窓口業務などはいらなくなる。民営化の可能性もある。

医師

こちらは限定的になってくるのでは?という話。過去の数万通りの診断パターンから診断を下すのはAIの方が得意。医師は手術や治療に専念できるようになる。

銀行員

銀行自体がいらなくなる。窓口業務はオンラインになるし、仮想通貨などが普及していく。

通訳・翻訳士

自動翻訳機の精度が上がっていく。コミュニケーション能力などの付加価値がないと生き残れなくなる。

クリエイター

意外だけれど、例えばウケる物語にはパターンがあり、それをもとにAIでも新しい物語を生み出すことができる可能性がある。

 

ここまで見ていくと、もはやじゃあ何が残るんだよ!というくらいにバッサバッサと仕事がなくなっていきそうに見えますよね。

でも本書では、残る職業についても考察されています。

今後も残る・伸びる職業

本書で紹介されている残る職業の抜粋です。

個人経営のお店

例えばママに会いたい、など人が価値となっているお店。ファンの獲得が鍵。

職人

3Dプリンタ技術などで造形の複製は可能になってきているが、すぐに全てができるわけではない。機械にいかに自分たちの技術を再現させ効率を上げるかという視点を持っている職人は強い。

ドローン操縦士

今後爆発的に利用が増えていくだろうドローン。複雑な場所など、すぐに全てを自動にすることはできないので、今ドローンで夢中になって遊んでいる人が近い将来代替不可能なプロ操縦士となるかもしれない。

ショービジネス

ライブ配信サービスなどで好きなことを配信して課金で稼ぐ人たちがすでにいる。このような人たちの”好きなこと・得意なこと”の価値はいつでも換金できるようになってきており、その流れが加速する。

宇宙開発

コストの問題で叶っていなかった一般人の宇宙進出は、宇宙開発の民間化により加速する。

観光

”どうしてもそこでしかできない体験”はこれからも強い。

1億総クリエイター時代

人間にしかできない仕事の価値が上がった世界では、好きなことを突き詰めてやることが価値になり、仕事になる。

 

おまけ 10年後の仕事図鑑執筆時から2年で変わったこと

読み返していたら、2年の年月を感じることがあったので。

1. スナップチャット聞かなくなった
2. polcaサービス終了
3. VALUサービス終了

スナップチャットって一時期もっと耳にした気がするのですが、最近聞かないですよね。(若者の間では違うのかな?)

polcaもVALUも面白いサービスだったのですが、残念ながら二つともサービス終了となってしまいました。

 

まとめ

「なくなるor減る仕事」「残る仕事」いかがだったでしょうか。

自分がなくなる職業に入っていると、そんなことない!と怒りたくもなりますよね。

でもここは冷静に、自分がどうなりたいのかを考えていかないといけません。

AIに従うだけの、マトリックスでいうところのエージェント・スミスになるのか、ならないか。

なりたくないなら、どうしていくか。

自分が今している仕事の未来を想像すること+本書が、今後の行動のヒントとなってくれると思います。

同じ落合陽一さん著の「2030年の世界地図帳」をベースに、今後30年のテクノロジーをまとめたこちらの記事もよろしければどうぞ!